星の便り

下野星宮神社からの最新情報をお届けします。

連日猛暑の中、当社職員も夏バテ気味です。

本日は地域の皆様のお力をお借りし、かかし祭にむけ案山子立てを行いました。

かかしは24日まで受け付けております。ひと夏の思い出にお作りなってはいかがでしょうか?

さて、明日よりかかし祭限定御朱印を頒布致します!

今回は両面、片面の二種類をご用意させて頂いております。

頒布期間は9月下旬までを予定しております。正確な日程決まりしだいお知らせさせて頂きます!

 

かかし祭は8月25日になります。

地域の皆様のご協力を頂き、田舎ならではの祭典になっております。

当日は色々な催し物や出店を準備させて頂いております。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

やっと梅雨も明け、夏本番の暑さになってきました。

当社からお知らせが3つあります!

・まず1つ目は七夕限定御朱印についてです。前回のお知らせでは頒布期間は7月1日~31日というお知らせ         

 をさせて頂きましたが、旧暦の七夕の日になる8月7日まで頒布させて頂きます。

 境内、短冊も同様に8月7日までご用意しておりますのでお立ち寄り頂ければ幸いに存じます。

 

・2つ目はかかし祭限定御朱印の頒布日のお知らせです。

 頒布開始は8月19日~9月下旬までの頒布になります。

 本年のかかし祭限定御朱印の詳細は後日改めてお知らせさせて頂きます。

 

・3つ目は、皆様に暫しの間ご迷惑をおかけしておりました手水舎です。

 昨日完成し本日からお使い頂けるようになりました。

 手水舎の改修に携わって頂きました、

 浄法寺建築  様

 コウエイ興業 様

 U-TEC  様

 心から御礼申し上げます。

 

 手水舎竣工により御参拝者の皆様が益々心地よく御参拝して頂けるのではないでしょうか。

 皆様の心の拠り所として清清く御参拝頂けますよう、今後も職員一同神明奉仕に努めて参りたいと思います。

 皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

 

本年も8月25日(日)にかかし祭・風祭が斎行されます。

本年でかかし祭りも皆様のご協力を頂き13回を迎えることとなりました。

つきましては今年もかかしの出品を募集致します。

令和初のかかし祭!皆様の願いや思いをかかしに込めてはいかがでしょうか!

かかし祭当日は各賞を発表し、賞品もご用意しております。

かかし作りの詳細は下記を参考にしてください。

ご不明な点ございましたら、お気軽にお電話・メールにてお問合せください。

本年のかかし祭も皆様のお力をお借りして盛り上げていきたいと思っております。

ご協力お願い申し上げます。

 

7月となり梅雨が明けると夏の暑さが待っておりますね。

大変長らくお待たせいたしました。

当社オリジナルの御朱印帳を7月7日の七夕の日より頒布させて頂きます。

予定させて頂いた頒布日より大変遅くなり、御参拝の皆様には大変ご迷惑をお掛け致します。

7日は9時よりの頒布になります。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

本年の梅雨は昨年の梅雨とは違い、梅雨の時期らしい天候になっております。

稲作をしている農家の方々にとっては大変喜ばしいことではないでしょうか。

明日7月1日から7月31日まで当社は七夕期間になります。

それに伴い「七夕祭限定御朱印」を頒布させて頂きます。

頒布期間も7月1日~7月31日になります。

 

また御参拝の皆様に短冊をご用意させて頂きます。当社の短冊に皆様の願いを込めて頂ければ幸いに存じます。

七夕期間中の皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

梅雨の時期になり、境内の紫陽花も綺麗に咲いてきております。

お知らせが遅くなり申し訳ございません。

本日から6月30日まで6月限定「夏越大祓」の御朱印を頒布させて頂きます。

また参道には茅の輪を奉製させて頂きました。

大祓の神事とは、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを祈願する神事です。
この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊の禊祓いを起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。中世以降、神社で年中行事の一つとして普及し、神社の恒例式となっています。
年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越の祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた)(人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅(ち)の輪(わ)を神前に立てて、唱え詞を唱えながら三回くぐります。また、十二月の大祓は年越の祓とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。
その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための神事です。

ぜひ古来よりの日本の伝統文化に触れて頂ければ幸いに存じます。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

茅の輪と紫陽花

平成31年4月30日を以て天皇陛下が皇太子殿下に天皇の御位をお譲りになられることとなり、

平成も残す所後3日となりました。

5月1日からは新たな御代、「令和」となります。御代替わりに際しましては様々な儀式が執り行われ、そこにはこの神々の時代の精神、日本の伝統と文化の象徴でもあります。

大嘗祭をはじめとする皇位継承の諸儀式は、神代より現代にまで受け継がれてきた我が国の精神の継承の儀式でもあるといえます。

さて当社はこの御代替わりを奉祝し、御大礼奉祝御朱印を5月1日よりお書き入れ致します。

GW中はお書き入れにお時間を頂く可能性もありますがご了承頂ければと思います。

皆様の御参拝を宮司以下職員一同心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

4月7日(日)当社春の例祭並び付祭大々神楽厄除祈願祭が滞りなく斎行されました。

氏子総代の皆様、42歳厄年の皆様、大々神楽保存会の皆様、そして地域の皆様と共に桜満開の穏やかな気候の中で祭典を斎行できたことを大変嬉しく思います。

祭典に携わって頂きました本厄42歳の皆様から

「実はこのお祭りがあることを今まで知らなかった。今回出席して地域の伝統に触れられてとても嬉しかった」

というお言葉を頂きました。

改めてこの地域の伝統をこれからも絶やさずにしていかなくていけないという気持ちを強く思う有難い言葉でした。

今後も地域の皆様の心の拠り所となるよう日々神明奉仕に努めて参りたいとおもいます。

今後とも下野星宮神社を宜しくお願い申し上げます。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

4月1日に新元号「令和」が発表となり、平成も残すところあとわずかになりました。

元号は今まで中国古典を用いていましたが、新元号「令和」は「万葉集」梅花の歌から出典としております。

日本古典からの元号は初めてのことです。元号という歴史に新しい風が吹いたように思います。

 

さて、当社の桜も花を咲かせ境内が益々春模様となっております。

今度の日曜日4月7日は平成最後の春の例祭が執り行われます。

付祭とし「太々神楽厄除祈願祭」は、吉田流太々神楽(市指定文化財)が奉納される中で執り行う当社の歴史ある祈願祭です。

昔よりこの付祭は、42歳の本厄の男性が取り仕切る習わしがあり現在もその伝統が伝わっております。

吉田流太々神楽の奉納は13もの演目があり約2時間の奉納演舞行われます。

奉納演舞は当日、正午頃から奉納されます。

お時間があります方はぜひお越しください。皆様の御参拝を心よりお待ちもうしあげます。

 

 

下野星宮神社 春の例祭

久々の投稿となり申し訳ございません。

早いもので明日より4月となり、新たな元号が発表されます。

最初の元号である「大化」から平成まで247もの元号が続いております。

1400年余の長きにわたり日本国の独立を表現し、国民統合の時間軸として用いられてきた日本の文化です。

この日本の伝統文化である元号。

248番目の新たな元号は?日本中が今気になっていることと思います。

 

さて当社の境内も桜が咲き始め、ようやく春めいてきました。

4月は当社の例祭が斎行される月になり、毎年10日に近い日曜日に斎行されております。

例祭月を祝して、本年も春の例祭月限定御朱印をお書き入れ致します。

期間は4月中の1か月となります。

皆様の御参拝を心よりお待ちもうしあげます。

 

御祈祷のお申込み、その他お問合せ