星の便り

下野星宮神社からの最新情報をお届けします。

投稿は滞ってしまい失礼しました。

2月は世界中がコロナウィルスに注視し、日本においても多大なる影響がでております。

3月に入ると卒業式シーズン、

卒業式は一つの人生の門出であり、両親や先生に今までの感謝の伝える場でもあります。

卒業式を経験し、自分自身が成長する一つの糧になると私は思います。

コロナウィルスの影響でこの卒業式を中止する学校も出てきておるという報道もあり、

大変残念に思う次第です。

皆も体調にはおきを付けてお過ごしください。

 

さて明日より3月、月参り御朱印は「第四座~春日の舞~」をお書き入れ致します。

春日の舞とは、国家鎮護の神、又その剣によって邪悪を断ち切り運勢を切り開く神様として、霊剣の神格化ともいわれる高天原随一の豪勇、武御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)の舞です。 

 

4月12日は当社の春の例祭があり、太太神楽も奉納されます。

お時間あります方は、ぜひお立ち寄りください。

時間等は後程お知らせ致します。

 

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

昨日に引き続き本日も春の陽気となりました。今年の冬は本当に暖冬ですね。

気付けば今日で1月も終わり、明日から2月となります。

今年から当社では月参りの御朱印をお書き入れさせて頂いており、

明日より2月参りの御朱印をお書き入れさせて頂きます。

※期間は2月1日~2月29日迄となっております。

 

また、2月5日より祈年祭奉祝限定御朱印をお書き入れさせて頂きます。

※こちらの期間は2月5日~2月29日となります。

暖冬はいえ、寒い日が続きます。

お体にお気を付けてお過ごしください。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

2月参り御朱印

祈年祭奉祝限定御朱印

 

明けましておめでとうございます。

投稿がご無沙汰になり大変申し訳ございませんでした。

本年も下野星宮神社を宜しくお願い致します。

 

三が日は天候にも恵まれ例年より多くの皆さまに御参拝頂き、大変有難い三日間の奉仕をさせて頂きました。

反省点も多くあった三日間でしたが、これからの社頭に生かしていければと考えております。

 

今年から御祭典月限定御朱印の他に、月参り御朱印として当社の文化財である「吉田流特別太々神楽」に登場する神様をデザインし、月参り御朱印としてお書き入れさせて頂きます。

今月は正月限定御朱印、月参り御朱印は第一座とし「奉幣舞・猿田彦大神」といて頒布致します。

また通年お書き入れしている「あすなろ竜神御朱印」を一新させて頂きました。

 

今月は1月7日まで書置きの対応となりますが、

8日からは正月限定御朱印以外はお書き入れさせて頂きます。

 

本年も皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

一月限定御朱印・月参り御朱印・新 あすなろ竜神御朱印

先日星宮神社総代、氏子の皆様のお力により蛇の注連縄を新たに奉製して頂きました。

毎年11月に奉製をしておりますが、この蛇の注連縄の伝統の継承が絶えず伝えられることを大変

誇らしく思う次第です。

境内は10月桜が咲き、銀杏も紅葉が始まっております。

銀杏の見頃は来週末あたりだと思われます。

夕方3時頃の夕日が差し込む銀杏の風景は本当に心休まります。

お時間あります方はぜひお立ち寄りください。

 

紅葉

天皇陛下の即位に伴う儀式「大嘗祭」が14、15両日に執り行われます。

天皇陛下が皇位継承に伴い、一世に一度だけ行う皇室伝統の神事、大嘗祭は皇居・東御苑で古式ゆかしく行われます。新天皇が神々に新穀をお供えし、国家・国民の安泰と五穀豊穣を感謝し祈る皇室行事です。

今回栃木県は 大嘗祭で使われる新米の産地の東日本の「悠紀田」に選ばれました。

一栃木県民として大変喜ばしい次第です。

当社の秋の例祭も大嘗祭と同じく15日に斎行され、一層身が引き締まる次第です。

 

この度は大嘗祭を奉祝し限定御朱印を明日の11月14日~30日までお書き入れ致します。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

10月の台風19号の大雨により多くの方が大変な被害が遭われたこと心よりお見舞い申し上げます。

一日も平穏な生活に戻られることを切に願っております。

さて、天皇陛下の御代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭」が11月14日から15日かけて古式ゆかしく執り行われます。

嬉しくも15日は当社の秋の例祭も執り行われ、身が引き締まる気持ちであります。

秋の例祭月といたしまして「秋の例大祭奉祝限定御朱印」を明日より頒布させて頂きます。

又、「奉祝 即位礼限定御朱印」ですが、当初本日までの頒布ではございましたが、

10月22日に行われるはずであった「祝賀御列の儀」は被災者の方々への天皇陛下の御配慮により11月10日に変更となりました。

それにともないまして、「即位礼正殿の儀 奉祝限定御朱印」も11月10までの頒布とさせて頂きます。

 

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

この度の台風19号の大雨では、甚大な被害のニュースに只々驚くばかりです。

幸いなことに当社には甚大な被害はありませんでしたが、下野市では姿川が氾濫し被害に遭われた方々も

いらっしゃいます。

一日も早く平穏な生活に戻りますことを心からお祈り申し上げます。

 

さて、来週22日には御即位正殿の儀が斎行されます。

それに際し、19日~31日まで「即位礼正殿の儀 奉祝限定御朱印」を頒布致します。

今回は申し訳ございませんが、書置きのみの頒布となりますのでご了承頂ければ幸いです。

 

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

道中お気を付けてお越しください。

10月6日(日)当社にて巫女体験学習を執り行いました。

当日はあいにくの雨の中15名の参加者の方にご参集頂き、何事もなく一日の体験学習を終えることができ心からほっとしました。

巫女装束に身を纏い、神社作法・舞の講習・そして神様を敬う気持ちなどをご指導させて頂きましたが、

舞の講師を賜りました岩松先生が「舞とは誰の為に舞うのか?それは神様に喜んで頂く為です。」

この言葉には、私も感銘を受けました。

巫女体験学習に携われたことにより「神道とは?」仲執り持ちの神職としてまた考え直さねば!

と思わされました。

巫女体験学習にご参加くださいました皆様、岩松先生、心より御礼申し上げます。

 

 

ご報告遅くなりましたが、本日より当社オリジナル御朱印帳を再頒布致します。

大変長らくお待たせしてしまい失礼いたしました!

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

また、過日にお知らせさせて頂きました「巫女さん一日体験」も若干名の方ではございますが

募集させて頂いております。

ご興味がある方はぜひご連絡ください。

 

 

 

巫女体験学習のサムネイル

 

来月当社にて「巫女一日体験」を執り行います。

一般の女性では日頃なかなか体験できない神社の作法や文化・巫女舞も講習も体験でき貴重な一日となるのでは

ないでしょうか。

参加費は無料になっております。

参加人数に限りがありますので、ご興味があります方は当社にご連絡ください。

【日  時】   令和元年10月6日(日) 午前9時半から午後3時頃まで
【会  場】   下野市下古山1530  星宮神社(ほしのみやじんじゃ)
【体験できる内容】神社の参拝方法(手水舎・二拝二拍手一拝等)、巫女舞、一日を通して神社・神道の基礎知識                                                                                                                                                   

         を体験していただきます。

【参加者】    15名(中学生から成人の女性の方)  【参加費】 無 料
 お問合せは、星宮神社 禰宜 小林 誉史(こばやし たかふみ)

 ☎0285-53-1706

 

御祈祷のお申込み、その他お問合せ