星の便り

下野星宮神社からの最新情報をお届けします。

【 限定御朱印 】 関連の記事

明日より5月31日まで「端午の節句御朱印」をお書き入れいたします。

現在、境内にて鯉のぼりをお飾りしてまります。5月中旬辺りまでを予定しております。

皆様のご参拝をお待ち申し上げます

〜5月月参り御朱印〜
5月1日より5月月参り御朱印
「引射の舞」をお書き入れいたします。
今月は引射の舞と牡丹、ツツジをモチーフにしております。

この第5座の”引射”の舞では、舞手は2人で、弓矢を持ち鬼門を射し、魔の侵入を断つ意味を持つ舞です。

来月も皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げます。

〜春の例祭月御朱印〜
明日から4月30日まで
「春の例祭月御朱印」をお書き入れいたします。

本年の太々神楽厄除祈願祭では5年ぶりとなる13座全てを演舞いたします。
4月7日(日)おおよそ正午から斎行いたします。

皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げます。

〜4月月参り御朱印〜
明日より4月月参り御朱印
「春日神の舞」をお書き入れいたします。
本年は春日の舞と藤の花、桜をモチーフにしております。

今月、4月7日(日)の例祭後に太々神楽厄除祈願祭にて神楽の奉納が行われます。
おおよそ正午から開始されます。
当社の郷神楽の全座は、年間でこの日しか見ることができません。
ご興味のある方はぜひご参拝下さい。

明日3月1日より3月31日まで上巳の節句御朱印のお書き入れいたします。

上巳の節句の”上巳(じょうし)とは旧暦3月の最初の巳の日ことで、祓いや厄除けの意義始まりました。
やがて江戸時代に入り女の子の成長を願う「女性のおまつり」となったそうです🌸

3月は別れと出会いが多い月です。
3月も皆様にとって良い月になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

〜3月月参り御朱印のご案内〜

3月1日より3月月参り御朱印をお書き入れいたします。
3月は住吉の舞と木瓜の花をモチーフにいたしました。

4月7日(日)の例祭日に、当社の太々神楽保存会が正午頃よりお神楽を奉納いたします、
どなたでも見学することが可能です。
皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げます。

〜あすなろ竜神御朱印デザイン変更のお知らせ〜
3月1日より通年頒布しております
「あすなろ竜神御朱印」のデザインを変更いたします。
こちらのデザインは宇都宮市出身の画家「小林優太」さん
に手掛けて頂きました。
小林先生は主にボールペンを使い緻密な表現を得意とされ、様々な作品を手掛けられております。

経歴
第2回関西アートコンペにて大賞、ホルペイン賞を受賞
令和4年度 うつのみや市民賞を受賞
第6回「とちぎ次世代の力大賞」優秀賞を受賞
また個展を積極的に開催し、活躍の場を広げられております。

こちらの御朱印は通年の頒布といたします。

〜祈年祭限定御朱印〜
明日より2月29日まで祈年祭限定御朱印をお書き入れいたします。

祈年祭は年穀の豊穣と国家の安泰を祈る祭典です。
当社では2月17日に斎行しております。

皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げます⛩

~2月月参り御朱印~
明日より2月月参り御朱印
「猿田彦の舞」のお書き入れいたします✍️
本年は猿田彦と蝋梅等をモチーフにさせて頂きました。
今年も一月から月参り御朱印をおわかちされた方に「月参り御朱印の証」のカードをお渡しさせて頂いております。

12ヶ月全ての月参り御朱印をおわかちされた方には、最後の12月に見開きの特別限定御朱印をお書き入れさせて頂きます。

既に一月月参りをおわかちされた方で、まだカードをお渡し出来ていない方がいらっしゃいましたら、次回御参拝の祭に授与所にてその旨をお伝え下さい🙇‍♀️

〜干支切り絵御朱印頒布再開のお知らせ〜

干支切り絵御朱印の頒布を再開いたします。
大変長らくお待たせいたしました。
こちらの御朱印は当面の間頒布をいたします。
ご安心ください。

皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げます。

旅色で紹介されました

御祈祷のお申込み、その他お問合せ