星の便り

下野星宮神社からの最新情報をお届けします。

【 限定御朱印 】 関連の記事

明日より「七夕祭限定御朱印」(7月1日~8月7日)「7月月参り御朱印」(7月1日~7月31日)

をお書き入れ致します。

また、明日より七夕祭期間とし境内に短冊をご用意しております。

古来より、笹の葉に短冊に願いを込めて吊るすことにより願いが叶うといわれております。

七夕祭期間は明日より8月7日までとなります。

 

※お知らせいておりました、4月からの「限定御朱印」「月参り御朱印」を6月30日まで

とさせてご連絡しておりましたが、多くのお問い合わせを受けまして社内で協議し7月31日までお書きさせて頂きます。

まだまだ油断ならないのが現状です。お互いにソーシャルディスタンスを保ち心地よく御参拝頂ければ幸いです。

七夕祭限定御朱印・7月参り御朱印

6月月参り御朱印・夏越大祓御朱印を明日よりお書き入れいたします。

6月月参り御朱印は「手力男の舞」、神楽の場面では岩戸隠れの際に天照大神を腕を引いて

外に出し、世界に明るさを戻した場面を表している舞です。

 

夏越大祓とは、半年間の罪や穢れを祓い清める神事として行われます。

当社でも6月30日斎行予定ですが、今後のコロナウイルスの状況を見つつ詳細を後日お知らせ致します。

4月から延長してお書き入れしておりました「4・5月月参り御朱印」「春の例祭月御朱印」「端午の節句御朱印」につきましては、6月19日に移動自粛要請が解除されることもあり、6月30日までとさせて頂きます。

6月月参り御朱印・夏越大祓御朱印につきましても6月30日までとさせていただきます。

今後の新型コロナウイルスの状況によっては、期間や対応の方法を変更する場合もございますのでご了承ください。

 

緊急事態宣言が解除され社会生活は段々緩和させておりますが、まだまだ油断のならない日々がつづいております。

このまま少しずつ平穏な日々に戻りますよう社頭よりご祈念いたします。

夏越大祓御朱印

6月月参り御朱印

現在新型コロナウイルスの感染拡大防止の為外出自粛中の中、

当社と致しましても月参り御朱印並び限定御朱印を頒布するのはいかがなものか?

という協議を続けておりましたが、毎月月参りを頂いている皆様の為にもお書き入れ

することに決定致しました。

今月は「5月月参り御朱印」「端午の節句御朱印」を頒布いたします。

本来であれば5月のみお書き入れするところですが、現状を踏まえ頒布期間は設けず今後の新型コロナウイルスの状況を踏まえながら期間を定めさせて頂きます。

「4月月参り御朱印」「春の例祭月御朱印」に関しましても同様に、期間を延長しお書き入れさせて頂きます。

多くの皆様から御朱印に関してのお問い合わせを頂き、当社が思っている以上に楽しみに

せれている方々がいらっしゃることがわかり大変うれしく思いました。

本来であれば色々とお出掛けをしたいゴールデンウイークだと思いますが、

ここは新型コロナウイルス早期終息の為、なるべく外出を自粛頂ければと思います。

皆様が安全に御参拝頂ける日まで、月ごとの限定御朱印の頒布も延長致しますので

焦らず御参拝頂ければ幸いに存じます。

今後の新型コロナウイルスの状況によって、御朱印の対応を随時考えさせて頂きます。

ご理解頂ければと思います。

平穏な生活が一日でも早く戻りますことを心よりご祈念申し上げます。

どうかお体をご自愛ください。

 

投稿は滞ってしまい失礼しました。

2月は世界中がコロナウィルスに注視し、日本においても多大なる影響がでております。

3月に入ると卒業式シーズン、

卒業式は一つの人生の門出であり、両親や先生に今までの感謝の伝える場でもあります。

卒業式を経験し、自分自身が成長する一つの糧になると私は思います。

コロナウィルスの影響でこの卒業式を中止する学校も出てきておるという報道もあり、

大変残念に思う次第です。

皆も体調にはおきを付けてお過ごしください。

 

さて明日より3月、月参り御朱印は「第四座~春日の舞~」をお書き入れ致します。

春日の舞とは、国家鎮護の神、又その剣によって邪悪を断ち切り運勢を切り開く神様として、霊剣の神格化ともいわれる高天原随一の豪勇、武御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)の舞です。 

 

4月12日は当社の春の例祭があり、太太神楽も奉納されます。

お時間あります方は、ぜひお立ち寄りください。

時間等は後程お知らせ致します。

 

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

昨日に引き続き本日も春の陽気となりました。今年の冬は本当に暖冬ですね。

気付けば今日で1月も終わり、明日から2月となります。

今年から当社では月参りの御朱印をお書き入れさせて頂いており、

明日より2月参りの御朱印をお書き入れさせて頂きます。

※期間は2月1日~2月29日迄となっております。

 

また、2月5日より祈年祭奉祝限定御朱印をお書き入れさせて頂きます。

※こちらの期間は2月5日~2月29日となります。

暖冬はいえ、寒い日が続きます。

お体にお気を付けてお過ごしください。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

2月参り御朱印

祈年祭奉祝限定御朱印

天皇陛下の即位に伴う儀式「大嘗祭」が14、15両日に執り行われます。

天皇陛下が皇位継承に伴い、一世に一度だけ行う皇室伝統の神事、大嘗祭は皇居・東御苑で古式ゆかしく行われます。新天皇が神々に新穀をお供えし、国家・国民の安泰と五穀豊穣を感謝し祈る皇室行事です。

今回栃木県は 大嘗祭で使われる新米の産地の東日本の「悠紀田」に選ばれました。

一栃木県民として大変喜ばしい次第です。

当社の秋の例祭も大嘗祭と同じく15日に斎行され、一層身が引き締まる次第です。

 

この度は大嘗祭を奉祝し限定御朱印を明日の11月14日~30日までお書き入れ致します。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

10月の台風19号の大雨により多くの方が大変な被害が遭われたこと心よりお見舞い申し上げます。

一日も平穏な生活に戻られることを切に願っております。

さて、天皇陛下の御代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭」が11月14日から15日かけて古式ゆかしく執り行われます。

嬉しくも15日は当社の秋の例祭も執り行われ、身が引き締まる気持ちであります。

秋の例祭月といたしまして「秋の例大祭奉祝限定御朱印」を明日より頒布させて頂きます。

又、「奉祝 即位礼限定御朱印」ですが、当初本日までの頒布ではございましたが、

10月22日に行われるはずであった「祝賀御列の儀」は被災者の方々への天皇陛下の御配慮により11月10日に変更となりました。

それにともないまして、「即位礼正殿の儀 奉祝限定御朱印」も11月10までの頒布とさせて頂きます。

 

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

この度の台風19号の大雨では、甚大な被害のニュースに只々驚くばかりです。

幸いなことに当社には甚大な被害はありませんでしたが、下野市では姿川が氾濫し被害に遭われた方々も

いらっしゃいます。

一日も早く平穏な生活に戻りますことを心からお祈り申し上げます。

 

さて、来週22日には御即位正殿の儀が斎行されます。

それに際し、19日~31日まで「即位礼正殿の儀 奉祝限定御朱印」を頒布致します。

今回は申し訳ございませんが、書置きのみの頒布となりますのでご了承頂ければ幸いです。

 

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

道中お気を付けてお越しください。

連日猛暑の中、当社職員も夏バテ気味です。

本日は地域の皆様のお力をお借りし、かかし祭にむけ案山子立てを行いました。

かかしは24日まで受け付けております。ひと夏の思い出にお作りなってはいかがでしょうか?

さて、明日よりかかし祭限定御朱印を頒布致します!

今回は両面、片面の二種類をご用意させて頂いております。

頒布期間は9月下旬までを予定しております。正確な日程決まりしだいお知らせさせて頂きます!

 

かかし祭は8月25日になります。

地域の皆様のご協力を頂き、田舎ならではの祭典になっております。

当日は色々な催し物や出店を準備させて頂いております。

皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

やっと梅雨も明け、夏本番の暑さになってきました。

当社からお知らせが3つあります!

・まず1つ目は七夕限定御朱印についてです。前回のお知らせでは頒布期間は7月1日~31日というお知らせ         

 をさせて頂きましたが、旧暦の七夕の日になる8月7日まで頒布させて頂きます。

 境内、短冊も同様に8月7日までご用意しておりますのでお立ち寄り頂ければ幸いに存じます。

 

・2つ目はかかし祭限定御朱印の頒布日のお知らせです。

 頒布開始は8月19日~9月下旬までの頒布になります。

 本年のかかし祭限定御朱印の詳細は後日改めてお知らせさせて頂きます。

 

・3つ目は、皆様に暫しの間ご迷惑をおかけしておりました手水舎です。

 昨日完成し本日からお使い頂けるようになりました。

 手水舎の改修に携わって頂きました、

 浄法寺建築  様

 コウエイ興業 様

 U-TEC  様

 心から御礼申し上げます。

 

 手水舎竣工により御参拝者の皆様が益々心地よく御参拝して頂けるのではないでしょうか。

 皆様の心の拠り所として清清く御参拝頂けますよう、今後も職員一同神明奉仕に努めて参りたいと思います。

 皆様の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

御祈祷のお申込み、その他お問合せ